ginastera「2つの歌(dos canciones) : canción al árbol del olvido / canción a la luna lunanca」

 
ヒナステラ「2つの歌(dos canciones)」1938 ( = 音楽学校卒業の年)

ヒナステラ(ginastera (伊)ジナステラ)は アルゼンチン国ブエノスアイレス市生まれ(イタリア系)

ブエノスアイレス市のタンゴの革新者 ピアソラ(piazzolla (伊)ピアッツォッラ)は 最初期の弟子の一人 → 1 2

1. canción al árbol del olvido
・貴方への思いで 死にそうなので
・貴方の事を思わないように 「物忘れの木」の下に 横たわり ぐっすり眠った
・眠りから覚めると 再び 貴方のことを思っていた
 そうか 私は 貴方を忘れるということを 忘れたのか… 横になって直ぐに …
 

en mis pagos hay un arbol
que del olvido se llama,
al que van a despenarse,
vidalitay,
los moribundos del alma.

para no pensar en vos
bajo el arbol del olvido
me acosté una nochecita,
vidalitay,
y me quedé bien dormido.

al despertar de aquel sueño
pensaba en vos otra vez,
pues me olvidé de olvidarte,
vidalitay,
en cuantito me acosté.

2. canción a la luna lunanca
・彼女は 私にとって 私の人生全てを抱く 月
 

al corral del horizonte va entrando la nochesita
está tan aquerenciada porque entra todos los días
así estoy aquerenciado en el corral de tus brazos
y en el fuego de tus ojos estoy como encandilado

noche de luna lunanca
noche de cielo estrellado
las horas tienen perfume
y son los besos más largos

ha aparecido la luna,
sobre el gran claro del cielo
abarcando todo el campo
como un perfume a un pañuelo

así apareció una moza
en el tropel de mis días
ella para mi es la luna
que abarca toda mi vida

cf.atahualpa yupanqui アタウアルパ ユパンキ「luna tucumana トゥクマンの月」 1948

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中