dido’s lament

 
古典ギリシア演劇復興の動きとオペラ・・・
henry purcell(1659-1695)「dido and aeneas」の中の dido’s lament
死んでいく中「私を忘れないで、私を忘れないで・・・」と繰り返し歌いかけます。

purcell – dido’s lament – emma kirkby

thy hand belinda, darkness shades me,
on thy bosom let me rest.
more i would, but death invades me;
death is now a welcome guest.

when i am laid, i’m laid in earth,
may my wrongs create
no trouble, no trouble in thy breast.

when i am laid, i’m laid in earth,
may my wrongs create
no trouble, no trouble in thy breast.

remember me, remember me,
but ah! forget my fate.

remember me,
but ah! forget my fate.

remember me, remember me,
but ah! forget my fate.

remember me,
but ah! forget my fate.

「音楽の伝承」記事一覧に戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中